<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

愛するアイス

アイスは薬が効いてくれたようで呼吸は楽になってます。

神様ありがとう

呼吸が楽になってからアイスが変わりました。いや、元に戻ったのかな?

たくさんワガママ言います。

おやつくだちゃいよ。
このごはんが食べたいんじゃないでしゅよ。
ハヤタにおもちゃ取られるからお昼寝をしてる今がチャンスよ!今遊びなちゃいよ!
ハヤタにおやつ取られるから、こっちで食べるのよ。こっちに持ってきて!
なでなでちなちゃいよ!
お外がみたい
ベランダ出たい
2人で甘えたいのよ。

「にゃん。にゃあ。にゃ~」
たくさんおしゃべりして要求します。

そんな要求が今は嬉しくて嬉しくて、喜んでやっています。
もっともっとワガママ言って。
ママ孝行ありがとうね。
ママ幸せよ。アイスは?

アイスは私の気持ちがわかってくれたのだと私は思っています。
病院が嫌なこと。おうちでゆっくりと過ごしたいこと。いつもと変わりなくいたいこと。
ママがわかってくれた。

だからこんなにワガママ言ってくれるのかなって。

エゴかもしれないけど、私はそう思うし、通じあってるのを感じます。

ハヤタが発症してからハヤタにヤキモチを焼かせてアイスに我慢をさせてたのかもしれないですね。
気にはして私とアイスの時間を作ってましたが、足りなかったかな。
ハヤタは甘え上手で強引に甘えます。
アイスは一歩引いてしまいます。
お姉ちゃんとして我慢させちゃったかな。

待っていて、目で訴えるタイプです。
「ママが私のほうに来て」
だからってあんまり触るのは嫌。
適度に上手にねって。

今のママはあたちをよくわかってくれてるねって。褒められてる気がします(^^)

ごめんね。アイス。
今からでもいい?足りなかったところを補ってもいい?

「…いいよ」

ありがとう(#^.^#)

なんだかアイスは目がキラキラ生き生きした目に見えます。

アイスが嫌なことを極力抑え、楽しく今まで通りのんびり過ごせるようにするね!

これでいーんだよね?アイス?
間違ってたら、また教えてね!


アイスが歩いてる。息をしてる。トイレをしてる。ごはん食べてる。寝ころんでる。
遊んでる。にゃあって鳴いてる。
私を見てる。
全てに感謝…全てにありがとう!

アイスずっとそばにいてほしい…
だけどそんなワガママは言わないからもう少し長く幸せに過ごし、そばにいてほしいです。
もうすこしで2才のお誕生日だよ!

どうかどうかアイスが幸せでありますように。

抗がん剤、ステロイドの飲み薬これも嫌々だけど、これだけ我慢してね!ママ、バパ上手にお薬飲ませるように頑張るね。
それと…

愛情治療♡





d0195734_23102023.jpg

階段の下に一緒に行くわよ!





d0195734_23102353.jpg


d0195734_23102576.jpg

ごろんごろん
かわいいでちょ?





d0195734_23102771.jpg


d0195734_23102938.jpg


d0195734_23103146.jpg


d0195734_231033100.jpg


あたち、まだまだ遊ぶのよ




アイスの今の姿です。
発症したばかりの猫じゃないみたいでちょ?こんなに楽しく過ごしてるのよ。
ママはびっくりしてるし、笑いながら泣いて遊んでるのよ。
変でちょ?







d0195734_23103516.jpg

ハヤタ忘れるなじょ

忘れてないよ~ハヤタ~
ママ忙しいけど幸せいっぱいよ!


2人のガンはとんでけ~
[PR]

by hayata-moto | 2011-06-24 22:28

アイスの病状

アイスは一回目の病院の時に利尿剤を打ってもらいました。それとインターフェロンと抗生剤だったかな。

帰ってからはずっとウォークインクローゼットの服の中に篭ってしまいました。
利尿剤でオシッコを沢山してました。トイレを近くに置いてましたが、間に合わないのか辛いからか全部外してました。

心配で私もウォークインクローゼットで寝ました。

病院に行く前に時間が許す限りの中で、いろいろ調べて決めたかったので、ほとんど寝ずに悩んで悩んで、どういう治療で進めるかをアイスの性格を考えながら決めました。
その日アイスはお水を沢山飲んだだけで、ごはんを食べませんでした。

次の日の朝はキッチンにいつものように来てくれました!
アイスが歩いてる!
アイスがいつものように来た!
呼吸もだいぶ楽になってるように見えました。足どりはなんだか重そうに見えましたが。
でも、アイスが危険から脱出したであろうという喜びでいっぱいでした!
アイス!アイス!アイス!!!
たくさん呼びました。

そんなアイスをまた病院に連れて行くのはとても嫌でした。




でも「アイス病院に行くのは今日が最後だから今日だけガマンしてね…」

と言って、おこりんぼだけど、のろまなアイスを簡単に抱き上げキャリーの中へ入れました。

アイスは嫌々とニャーニャー言っていました。

病院では熱は39.2℃少しだけ下がりました。体重は3.3kgから3.2kgでした。
これは利尿剤で胸水が少し減っているだろうとのことでした。
だから呼吸が楽になったんだ!良かった…,

先生にはアイスの性格から病院には通わずに自宅で出来る治療をしていきたいとお話しさせてもらいました。
先生もアイスにはそのほうがいいかもしれないと。
もちろん来れそうな時は来てほしいと。
アイスはハヤタと同じく、抗がん剤とステロイドの飲み薬で治療をしていくことになりました。

先生も私も旦那も皆同じ考えでした。

「もう病院来ないよ!これで病院はおしまいね!アイス」と言い帰りました。






d0195734_23554349.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2011-06-21 23:14

アイス発症

2日前にアイスの呼吸が少し早いのに気付きました。
ですが、食欲あり、おやつ要求もします。
呼吸も激しく速いわけではありませんでした。
なので、おこりんぼうアイスを病院に連れいくのを気が引けて、病院に電話でまず状況を説明しました。
もともとおこりんぼう。よく吐く、食欲ありとなると、なかなか判断が難しいので、やはり検査をと。そうですよね。

少し元気がないように見える。ハヤタの遊びの誘いに怒る。追いかけっこが少ない。私に抱っこしてこない。毛が少し乱れを感じる。
こんな微妙なところですが、なんでもないと病院で確認したほうが安心するだろうと思い、病院へ。もちろん何かあったら遅いと嫌なので。


院長先生も見た感じはそんなに苦しそうには見えないなぁと。
熱は39.6
血液検査はキャリアの時と変わりなく、ならば胸に異常があるだろうと、レントゲンを撮ったら、胸水が溜まってました

検査中は嫌で大暴れ、ネットとタオルを使いましたが大暴れで血を摂るのもやっと。
呼吸が苦しいのに暴れて、舌が紫色に変色。ハァハァと苦しく口で呼吸してました。酸素マスクをつけてもらい、楽になってましたが。

状況は悪い…

ハヤタと違い暴れるので治療が出来ない。
胸水が抜けるか難しい…
暴れると呼吸が危険。
難しいな…

とにかく胸水だけは一回は抜いてあげて呼吸を楽にしてあげたい。
一回でもいいので。

また明日病院へ行きます。



ですがアイスさん、苦しいはずなのに怒っています(^^;;
普通怒れないけどなって。
さすが天然わがまま姫です(^^)

ハヤタの発症から、この病気の知識も増え、小さな心構えはしなくてはならない時があることも知ってたからか、ハヤタの時のような乱れはなく割りと落ちついてる自分がいます。

これがアイスが亡くなるかもしれないという落ち着きなのか、きっと大丈夫という落ち着きなのかは今はわかりません。

まさか、アイスがね…




d0195734_21181036.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2011-06-18 20:42

家族募集中

d0195734_18191175.jpg

http://pochinyan.blog95.fc2.com/
[PR]

by hayata-moto | 2011-06-17 18:25 | TOP