<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハヤタの経過

本日病院に行きました。
相変わらずブルブル震えてました(。-_-。)
それでも、だいぶ落ち着いて治療が出来ました(^_^)えらいぞハヤタ。

結果はまたまたいい感じでした\(^o^)/
白血球の数もまた少なくなり赤血球の数は増えていて、また悪いところにだけ薬がちゃんと効いてくれてました!

前回 今回
白血球数 12700→11300
赤血球数797→937

しかも首のリンパ腫もよく触らないとわからないほど小さくなっていました!
熱もなし
体重は3.5kg!
またまた増えてました!!!
すごい!すごい!

先生もこの病気を大学で10匹ほど見てたそうですが、どんどん悪くなる子がほとんどで、ハヤタみたいのは初めてとおっしゃってました~(*^^*)

やった やった やった やったぞ~\(^o^)/

嬉しい嬉しい嬉しいです!

薬も少なくなりました(^O^☆♪

ですが、もちろんいつこの薬が効かなくなるかもしれないし、突然状態が悪くなるかもしれないと院長先生から教えてもらいました。
そうなんですよね。恐い病気です。
やはり目指すは1年。
わかってます。わかってます。でも奇跡を信じてます。

調子にのって先生に「奇跡おこしちゃいますかね?」なんて言っちゃて。
そしたら先生から「ブログ見てます」
と。恥ずかしい~>* ))))><
ハヤタの保護主様と同じ病院なので聞いたそうです。

栗本病院の皆様お世話になっております(#^.^#)

という訳で今のところはハヤタの経過は順調としていいと思います。やったね!

院長先生もハヤタに合わせて薬、注射をしてくれています。強い薬もまだ使わず残しています。
次の検診もいい結果を信じて、日々ハヤタを穏やかに過ごさせてあげられるよう私も頑張ります。

あと皆様にご心配いただいたアイスですが来週に避妊手術することになりました。
院長先生もそのほうがいいかもと。
皆様いろいろありがとうございました(^∇^)次はアイス頑張ります!






d0195734_2144498.jpg




d0195734_215328.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2010-11-30 20:19

2匹の関係

d0195734_1049423.jpg


体重
アイス→2.8Kg
ハヤタ→3.25Kg

ハヤタ5ヶ月にして追い越しましたね☆
アイスは体も小さめかな。なので、体重もこんなもんですかね。軽いです!
アイスは顔も目もしっぽもまん丸♡
アイスは少し長毛でやわらか~いフワフワの毛です。多分洋種が混ざってるのではないかと言われました。なので、洋種の猫ちゃん顔も入ってまん丸目なんでしょう。
(アイスの毛は鼻につくとむず痒くなります^^;)ちなみに鳴き声は「にゃん」となんとも可愛らしい声で女子らしく鳴きます。
(旦那メロメロです)

d0195734_10494628.jpg



ハヤタはつるんとした毛並みでずっと撫でてたくなる感じです。またすでにアイスより体も長いので、ずっしりにょろにょろ。
お腹の毛がかわゆい♡
鳴き声は「なぁ~ん」顔をいっぱい使って「なぁ~ん」か、かわいい♡なんともいえない感じで、なんか、情けない感じで(笑)「なに~?♡」と言いたくなります。

d0195734_10494924.jpg



そんな2匹ですが、おもしろい関係です。
力はハヤタが上でアイスは負けて逃げてしまいます。(勝った感じで逃げます(笑))
ベッドにアイスが寝ててもハヤタが甘えるふりでちょっかいかけて、アイスは怒るけど、どいてしまいハヤタ奪って寝ます。(アイスは別に譲るけどーみたいな感じだけど、呆然としてから次の寝床を探しにいきます。健気だぞアイスさん)
ハヤタは何が?顔で居座ります。
舐めたいけど、ハヤタ嫌がるし、でもそばに来るとアイスはハヤタにペンって叩くし。(多分プロレスで負けてるから、突然くるハヤタへの防御(笑)ビビってます(笑))おやつも餌もハヤタが奪い、アイス遠くで見てます。どちらが先住猫さん?(笑)アイスから運動会に誘うし、アイスがハヤタのマネするし(笑)最近は一緒に寝ません。なのに近づく、ハヤタはアイスに甘噛み、アイス怒るけどハヤタを舐める。(くり返し)
…….…いったい何がしたいの?2匹で話し合ってみたら?(苦笑)
でも、2匹共絶対にフーもシャーも言わないところに愛を感じます♡


d0195734_10495248.jpg

私に抱っこし、アイスにきれきれしてもらうハヤタ。どこの王子様でしょう。


d0195734_10495632.jpg

だけど、シンクロ

まぁ好きなのに素直になれない感じ?でも、しっかりお互いのことはわかってるんですよね。
見てて訳がわからない関係に笑ってしまいます。

なんて素敵な日常でしょう☆彡
[PR]

by hayata-moto | 2010-11-28 09:33

アイスの事情

アイス姉ちゃん….
只今発情中

d0195734_14592386.jpg

わぉ~んなぉ~ん

しかも3日おきにやってくる…
避妊手術は日が合わなくて、ハヤタの鼻血の時に病院で手術の日を決める予定で行きました。ですが、病気がわかり、手術などのストレスや影響で発症してしまうかもと言われ、避妊手術は辞めました。

ですが、3日おき?
調べると完全家猫ちゃんは家の電気などで、発情期という時期が定まらないらしいと…。
妊娠をしてしまうとやはり大変だし、産まれてきてしまう子も大変。
でも、どうにも出来ない状況…
にしても、すごい声だし、次男はかわいそうだから病院で見てもらってーと。(発情をわかりません。説明してません。まだ難しいと思い。でも、病気で苦しんでる訳ではないよと説明はしてます)


d0195734_14592620.jpg

院長先生はあまりにもだったらと。話してくださいましたが、それで発症したらどうしよう。でも発症しないで、ずっとこの状態でも、人間もストレスもすごいし、夏に窓も開けれない。
アイスはどうなんだろうか??

また、最近アイスは今までしたことがないのに布団やカーペットにオシッコをするようになりました。
またまた調べると原因はいろいろ…

○病気により
○トイレの場所、砂が気に食わない
○ヤキモチ 気を引くように
○布団などのモフモフが気持ちいい
などなど…
アイスはどれも当てはまる気もします…

でも、トイレはハヤタとアイスは別です。時々お互いのトイレでやってるけど(^^)
砂もトイレもうちに来てから同じ物。

ヤキモチは確かにあると思います。
ハヤタは私にべったりだし
アイスへの配慮は出来る限りはしてますが…本人は納得いってるかはわからないし…。
毎日洗濯母さんしてます( ̄▽ ̄)

オシッコの悩みの同じ経験された方やよい対処法があれば教えてくださーい!
d0195734_14593183.jpg

オシッコして、私が「アイス、いけない」とその場で言うと、全然怖くない感じで「にゃにゃにゃにゃ」と怒ってきます。
…全然怖くない…なのに怒ってる…歯向かってる…かわゆい…
と心で思ってしまう飼い主です。

d0195734_14593467.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2010-11-25 11:56

やっと&やったね

PCの調子が悪くてインターネットに繋がらない(T . T)あれこれしたけど、ダメで…
携帯からは写真が添付出来ないし…せっかくのブログは更新出来ないな…
さて、修理に出すか…そんな時に!!
iphonで…というアプリが出たというのを見て(私はiphonです)これだー!と。
エキサイトブログのアプリで、写真も載せれるんです\(^o^)/やったー☆これで移動や仕事の休憩、ちょっとした時間が出来たら更新できる~!かも…(^^;;

さてさて、土曜日にハヤタの病院に行きました。
ステロイドと抗がん剤の効果はちゃんと出ていました!結果は悪くなってなく、いい状態でした!
リンパ腫も小さくなってたし、悪い白血球も少なくなってたし、白血球の数値は下がり、赤血球の数値は上がっていました。これは、きちんと治したいところだけに薬が効いてる証拠だそうです。
しかも…体重は3.25kg!増えてる~(*^◯^*)
先生にも驚かれました。
すごいぞ!ハヤタ!お薬毎日頑張って飲んだもんね~
熱はまだありますが、食欲はまだ、もりもりあるので大丈夫かな。元気いっぱい毎日過ごしてます!
今回は2週間効いている効果がある抗生剤の注射とステロイド、インターフェロンの注射を打ち、あとはまた一週間、抗がん剤とステロイドの飲み薬を飲みます。
病院では、まぁ必死に逃げようとするハヤタ。肉球から汗かいてました。
押さえる先生も必至!ちょっと落ち着いたかな?なんて油断すると、一瞬で逃げようとするし。先生も大変そうでした。
先生もハヤタもお疲れ様でした。でも、でも…やっぱり嬉しい!悪い結果でなく、いい結果で!
もちろん完治がない病気だけど、まずは悪くさせないで良くなっていることに嬉しくて嬉しくて!
でも…実は…私…自信がありました(笑)
でた!根拠のない自信(笑)
でも、ハヤタを見ててとそのつもりでいたので、病院に行くのが楽しみでした。そして良くなってるねと言われることを(笑)
そして「ほら!やっぱり」って心で言いたくて(笑)その根拠のない自信の詳細はまだ記事にしますね(笑)くだらないですよ(笑)いや、私は本気です!





d0195734_22242751.jpg

たまたま 丸見えよ

d0195734_22244011.jpg

ママの手が枕よ いい気持ちかな?ハヤタ♡
[PR]

by hayata-moto | 2010-11-24 21:48

かわい子ちゃん達

保護主さんに送る予定の写真などが、バタバタしていて送れずに溜まっているので、ここでザッと載せますね。PCの画像の向きを変えるの教えてもらったのにな・・見にくくてすみましぇん

おもちゃでは激しく遊ばないアイス。
遊ぶけど、嫌々やってる感じに見える。遊ぶけど動きがいらいらするほどノロい・・失笑してしまいます。
そんなアイスが激しく遊ぶときがあります!しかも超動きが高速!!
d0195734_1929663.jpg

光が大好き!私が化粧をしようと鏡を持つと、すぐ現れます
d0195734_19315764.jpg

アイス それ!はい!
ハヤタアイス今日はなんか早いね。何してるの?
d0195734_19392222.jpg

アイスハヤタじゃまよ
ハヤタねぇおもしろいのそれ~?
d0195734_19444626.jpg

だっこ
d0195734_19461473.jpg

はいだっこ
d0195734_19475626.jpg

だっこねー
d0195734_19502730.jpg

だっこ
そんな顔で見なくてもだっこしますよ
d0195734_2044227.jpg

動けないよー
d0195734_2065765.jpg

もっと
ぶ ぶさかわ
d0195734_2091656.jpg

満足?
d0195734_20105576.jpg

パパにもね
d0195734_20123012.jpg

満足~
d0195734_201586.jpg

これからもいっぱいだっこしようね 
[PR]

by hayata-moto | 2010-11-17 20:17

次男から

この間保護主のyokoさんがハヤタに会いに来てくれる予定がありました。
ですがyokoさんに大事な大事な急用が!(そうです迷子だった菊ちゃんです)
ということで来られなくて残念でしたが、次男(小1)が野球に行く時にもしかしてyokoさんが来るかもしれないとは話をしました。

ここからは次男からyokoさんに伝言です。

次男「ハヤタのこと言っておいてね」
私 「何て?」
次男「ハヤタは病気で死んじゃうかもしれないって病院の先生が言っていましたって。」
私 「何でそれ言ったほうがいいかな?」

次男「・・・かわいそうでしょ」

私 「誰が?」

次男「ハヤタのお母さんが」

・・・・・。
私はかわいそうはハヤタと言うと思ったのですが、yokoさんでした。
ハヤタのお母さんが知らないのはかわいそう?会えないのがかわいそう?どの意味のかわいそうかはわかりません。あえて聞きませんでしたが、全てつまってる言葉に聞こえました。そして次男にはハヤタのお母さんは私ではなくyokoさんだったようです。

ハヤタには大事なお母さんには変わりありませんね。
私も負けないように頑張ります。

子供ってすごいですよね。

yokoさん伝えました☆
d0195734_1165399.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2010-11-17 07:00

元気

元気です!

ハヤタも私も!

ハヤタはだっこしてても熱がないのがわかります
首のリンパもすごく小さくなっています。
それに食欲もほぼ前と変わらずよく食べています!
運動会もするし、プロレスもするしやっぱりアイスの負け アイス逃げて行きます・・・

d0195734_224258.jpg

具合いの悪いときがほんの一瞬で治療を始めてから、すぐこんなに元気!
間違いだったんじゃないか?なんて思っちゃいたくなります。

ハヤタの保護先の<ドイ家の留守番猫>からたくさんの応援コメント,皆さん
本当にありがとうございます!大きな力となっています!嬉しいです!
yokoさんありがとうございます!

yokoさん短くまとめまして(笑)
私はハヤタの里親になれたこと感謝してるんです。
ハヤタの里親にしてくれたyokoさんにも感謝なんです。
あやまらないでください。

もし、ハヤタがキャリアですと言われて悩んで、もしハヤタに会えなかったらなんて思うと絶対にありえないんです!
私はハヤタがうちに来て幸せだよね?うちに来て良かったよね?とハヤタに聞けるぐらい自信満々にハヤタを愛しちゃってます(笑)
コメントをくれた、たかこさんの言うとおり運命と私も思ってます。
ハヤタの運命は誰にも渡さない!私のもの!みたいな(笑)

それでもって私がハヤタを治す!私ならハヤタを!なんて思うぐらい
無駄に前向きな性格です

ハヤタが発症してからいろいろ読んだり、調べたりしました。
そして全てに

この病気は治りません
完治は望めない
特効薬はない

と見たときはわかっていても絶望的な気持ちになりました。
いやいや、どっかには助かります。治ることもあります。という言葉があるだろうと探しまくりました。

時間の流れとハヤタの元気を見てたら
その定説を覆してみせる!壊れた?私?いや、無駄に前向きなんです
バカかもしれないですけど私本気です(笑)
そんな風に思ったら久しぶりに夜眠くなりました。
あ、私やっと前に進んで気持ちが落ちついたんだなって。

もちろん時々心折れたりしますが、上がったり下がったり頑張ろうと思います。
やっぱり猫好きに(動物)は暖かい人ばかりですね

毎日バタバタ、グーたらダメな私ですけど皆さんにハヤタとアイス見てもらうために更新頑張りまーす!(できるかな?)
d0195734_2245483.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2010-11-16 23:10

それから

11月13日
あれから本日のハヤタは体調も良さそうでご飯も普通に食べています。
うんちも良好(アイスよりデカイ笑)
少しおかしかった目もよくなっていて鼻血も止まりました。体重も3、2キロをキープ!
熱は39度。子猫なら範囲ないと言われました。
今日はアイスともプロレスをしたりと元気でした。

嬉しいな
やっぱり元気な姿は

だけど、元気な姿を見てると死は遠く考えられ、治るんじゃない?なんて思ってしまいます。
どん底の気持ちも前向きに考えられ、目指せ1年!そしたら1年半!2年!
とがんばる気持ちがいっぱいです。

まだ5ヶ月。。、
あまりにも早すぎます。ぜったい1歳の誕生日はむかえさせてあげたい
明日から飲み薬だー!がんばろうハヤタ!
d0195734_1502978.jpg

[PR]

by hayata-moto | 2010-11-14 01:51

治療

次の日に病院に行くことになっていました。
ハヤタは注射が効いてるのか昨日より少し元気だった。
治療方法を院長からいろいろなメリットデメリットを聞かされたり、ベテラン先生の経験からの話を聞いたりしました。

私達はとても悩みなかなか答えが出ずにいました。

抗がん剤治療はやはり有効。だが、ハヤタはとてもよく動き抗がん剤の注射を打つには鎮静剤を打たないとできない。少しでも動脈をはずすと他の場所が壊死してしまう。
鎮静剤を毎度打つと負担もストレスもあるしショック症状が良くないと。

抗がん剤注射をして1年後の生存率は2割・・・

ちがう治療で1割・・・

抗がん剤治療は週2回がベスト
ちがう治療は体調が安定してれば1週間に1回

ハヤタは5段階中現在3と言われています。(5が末期)

いろいろ調べるとやはり抗がん剤治療をしてる猫ちゃんは延命してる子が多いです。
でも、ハヤタの年齢がなかなかいない
悩んで悩んで悩んで
病院に電話して、本日ではなく明日でもいいかと聞きました。
悩んでて行けないことを伝えたら、院長はいろいろまたお話をしてくれました。

そしてすぐ病院へ行き、また院長と話しました。

インターキャット、ステロイド、飲む錠剤の抗がん剤ということで決定しました。

よし!がんばるぞ!
[PR]

by hayata-moto | 2010-11-14 01:31

どうして

家に着きハヤタを別の部屋に隔離しました。
アイスにうつるかもしれないから。

ハヤタは隠れてしまいました。
私は布団に顔を押し付けわんわんと泣きました。

でもすぐにリビングに行き、餌の器、水、感染してしまいそうなものを撤去。
アイスには他の器に変えました。
泣きながら・・・

子供達が帰ってきたので私はハヤタを隔離している部屋へ行き、止まらない涙をまた布団に顔を押し付けて。
ハヤタは私が手を出しても逃げてしまいます。
また病院に連れて行かれると思ったのでしょうね。
私のどうしても出てしまう嗚咽も怖かったのかな。

そのうち私の元へ来てくれて、いつもと変わらなく私の手に頭を押し付けバタンと倒れおなかを見せてゴロゴロいってました。
その姿に私は・・・・・・
このハヤタが?こんなにかわいいハヤタが?
もう頭の中はぐちゃぐちゃでした。

旦那からの帰るコール
私「ハヤタが死んじゃうんだって」
言葉にはなってないぐらい泣きながら

旦那「何?何?どうしたの?何言ってんの?今すぐ帰るから待ってて」

旦那が帰宅後、話をしました。
旦那は「ハヤター」とやさしい声で呼び呆然としていました。

すぐアイスも病院に連れて行き検査をしなくちゃいけないので、子供達には話しました。

旦那「ハヤタが病気で死んじゃうかもなんだって。もしかしたらアイスもかもしれないから、病院に行って検査してもらってくるから、ちょっと家で待ってて」

長男「うそでしょ(呆)」
旦那「ほんとだよ」
長男「うそだね(呆)」

そして長男は私の顔が目に入ると、本当なんだと確信したようです。
長男「死んじゃうの?ほんとに?・・・・病院で治せば治るんでしょ?」
私「ダメなんだって・・・」
長男「やだよーやだよー」と大泣きしました。

やんちゃだけど、とても心が優しい次男は「宿題はねー」などと話をそらしていました。とても辛かったんでしょう。

そして私達はアイスを連れて病院へ。
待合室で結果待ちをしながら、私達はアイスは平気そうじゃない?などと怖い心を隠しながら話してました。

診察室のドアが開き、院長先生。
「出ちゃったよ」と。
私は「あーそうですか・・わかりました」
その空気に耐えられずすぐにこう答えました。

家に帰り子供に報告。
長男は泣き叫んでいました

そして旦那も私にもたれながら大声で泣きました。
泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて。。。

ハヤタを隔離した部屋から出しました。
旦那と
でも、良かったんじゃない?2匹を隔離して引き離し、どちらにも辛い生活をさせなくてすんだ。
と私達は話しました。

今まで通りに生活をできることは嬉しく思いました。

先生とも話しましたが
ハヤタもアイスも元々外で産まれた猫
母猫からもらったかもしれないし、ハヤタが先かアイスが先かそれはわからない。いつ出るかもわからない。
そうです。わかりません。
拾って飼い始めた時、里親になった時から、そういう可能性はあることを覚悟して飼わないといけなかったのだろう。
どの子のも少なかれ多かれありえてしまうことなのかも。
もう問題はそこではありません。これからどうやって過ごすかなんです。

私達家族はハヤタが楽しく、なるべく苦しくなく過ごさせてあげよう。
と決めました。
[PR]

by hayata-moto | 2010-11-12 22:39